大学生 バイト 大学4年 バイト

大学4年生からバイトを変えることで就活を有利に進める方法

2021年3月29日

自己紹介

名前:ふく  
専門:外注化(今まで150人以上を1人で雇った経験あり)、Youtuber&ブロガー 
肩書き:現役大学生 大学が暇でバイトを始めるも仕事が出来なくて絶望。奨学金も返済しないといけないし、家族が出来たら養えないといけない!将来に不安を感じ在学中に「個人で稼げるスキル」を身につけるべくネットビジネスの世界に突入。「一生会社で働く生活から脱出できるかもしれない」とめり込むがブログのキツさに一度挫折。外注化に出会いブログ再開し、自分が働かなくてもお金が入ってくる仕組みを構築中。得意分野は外注化。1人で常時70人ほど雇い、最低でも1か月50記事以上の記事を自分の時間を使わずに記事追加しており、今後の金銭面や生活が不安な大学生に外注化を進めてる。

将来が不安で本気で人生を変えたい!という方は「人生が不安しかない読んでほしい。20代の暇人が自由になる為の物語」をどうぞ!

個人で稼ぎたい人へ

たった2時間で6万以上稼げる方法を教えます。詐欺でも何でもない真っ当な方法です。汗水垂らして働かなくても、知識だけでお金は稼げます。知っているか知らないかの違いだけです。ネットで稼ぐ感覚を身につけて、個人で稼ぎたい人は「【たった2時間で6万円】知識でお金を稼ぐ方法を教えます【初心者でも稼げる】」をどうぞ。

---------------------------------------

 

友人A
・もう大学4年だけど就活はどうしようかな。
・自信をもってアピールできることがないよ。
・今から就活のためにアピールできることはないかな。

こういった疑問に答えます。

本 記 事 の 内 容

  1. 大学4年生からバイトを変える理由
  2. 就活で有利なバイトは

大学4年生のみなさん。就職活動は順調に進んでいますか。

順調に進んでいないと思う方、バイト変えることで就活有利に進める方法がありますよ。

これからどうしていいのか分からない方が、本記事を読んでバイトをすることで就職活動がうまくいく手助けになれれば幸いです。

 

大学4年生からバイトを変える理由

就活のときの自己アピールを作るのにバイトは非常に有効です。

企業側は日常の義務的な仕事に対して、どのくらい取り組むことができるか。どのように仕事に向き合うのかが知りたいのです。

友人B
バイトをしているとき、どのような事を気にしたらいいのかな。
ただ漠然とバイトをするのではなくて、就活を意識しながら働く事が必要です。
ふく

その①:就活を意識して働く
その②:面接のとき、好感触が得られるバイトを選ぶ
その③:正社員登用があるバイトで働く

上記を順に解説していきます。

その①:就活を意識して働く

企業側は就活で学生のどこを見ているのでしょう。大きく分けて3点あります。

・人柄の良さ

・その企業への熱意

・これからの可能性

人柄の良さ

企業側が学生にもっとも求めているのは、その人の人柄です。

企業に入ってから、会社の上司やお客様とうまくコミュニケーションがとれるのか。先輩の教えを素直に聞けるのか。目標に対して最後までやりきることができるのか。どんな時でもポジティブにいられるのか。仕事に対して自ら動けるのか。チームワークがとれるのか。

バイトをしている時、このようなことを意識しながら働くと就活で有利にはたらきます。

人柄は長所と置き換えてもよいでしょう。分かりやすくなるのではないでしょうか。

自分のことはなかなか分からないと思うので、家族や友達に聞いてみるのもよいでしょう。

どのようなバイトでも目的意識をもって働ければ、就活に自信をもって望むことができます。

その企業への熱意

次に企業側が学生に求めているのは、その企業への熱意です。

なぜその業界に行きたいのか。なぜその企業に入りたいのか。志望動機はしっかり考えて明確にしましょう。

就職したら何をしたいのか。どのような未来像をもっているのか。面接で具体的に話しましょう。

その時に、仕草や振る舞いにも意識しましょう。バイトをしている時に、お客様やスタッフにいつでも明るく、やさしく、笑顔で接していると、面接の時に自然と出てくるでしょう。

こらからの可能性

バイトをしている時、ただ漠然と仕事をするのではなくて就活に役く立つように目的意識をもって働くようにしましょう。

与えられたことだけをするのではなくて、ある目的に対してどのように考えて行動をしたのか、この結果をどのようにして作り出したのかを自覚しながらバイトをすると就活が有利に進められるでしょう。

具体的には、お客様やスタッフへの振る舞いや言葉遣いのマニュアルを作るとか、仕事のミスを無くすためにどのような仕組みを作ったか、商品やスタッフの管理をどうすれば合理的にできるかなど、考えればたくさんあります。

このようなことを面接の時に話すと企業側は主体的に考えて行動できる学生だと受け止めてくれるでしょう。

その②:面接のとき、好感触が得られるバイトを選ぶ

よく就活に有利と言われているのが、『スターバックス』や『ユニクロ』、『ディズニーランド』です。決められたマニュアルがなく、自分で考えて仕事や接客をするので自主性が身につきます。それにこのバイトをしているという自覚が自分を高めているのでしょう。

『カフェ』や『居酒屋』は接客力やコミュニケーション能力がつくので、企業側には良い印象を与えるでしょう。『コールセンター』は電話応対や言葉遣いが学べるので、社会人のマナーは身についていると思われるでしょう。

『データ入力』はタイピングスキルやデータ処理・管理能力が身につきます。ワードやエクセル操作にも慣れておくと入社後に役く立つでしょう。

その③:正社員登用があるバイトで働く

就職したい会社のバイトがあれば、正社員登用をめざして一生懸命働いて認められるのがよいでしょう。

もしバイト先で就職する気がなくても「アルバイト先から正社員の話がありました」と面接で話をすれば、企業側はしっかり働ける人材として印象が良くなるでしょう。

→参考:大学3年必見!将来稼げないバイトは変えるべし!理由や探し方も解説

→参考:【時間の無駄】スキルの身につかないバイトはクソ!社畜決定な理由と解決策!

 

就活で有利なバイトは

就活でバイトが有利になるのは経験値によるものであり、バイトそのものだけではありません。

しかし、就活を有利に進めやすい職種はあります。いくつかをご紹介しましょう。

その①:接客業のバイト
その②:コールセンターのバイト
その③:スターバックス、ユニクロ、ディズニーランド
その④:ITや語学などの専門分野

・その①:接客業のバイト

とくに『ホテルスタッフ』は、質の高い接客が求められ、細やかな言葉遣いや気遣い、立ち振る舞いなど社会に役立つ能力が身につきます。『飲食店』は、接客技術やチームワーク、お店を盛り上げるためのスキルが修得できるので面接で有利に進めることができるでしょう。

・その②:コールセンターのバイト

社会人になると必ず必要になるのが電話の応対です。コールセンターのバイトをすることによって電話のマナーや正しい言葉遣いを学ぶことができます。就職後に教育されますが就活時に備わっていると面接に有利になるでしょう。

・その③:スターバックス、ユニクロ、ディズニーランド

就活に人気のあるバイトですが、現実はなかなか見つかりません。しかし先輩や友達からバイトの情報を得たり、2月から3月の求人量が多い時期を狙ったり、働きたい店舗に頻繁に足を運んで求人募集の情報収集など行動していると、チャンスがくる可能性があります。

・その④:ITや語学などの専門分野

パソコンスキルは今やどの企業でも必要になります。プログラミングやネット構築などの専門性がなくても、基本的なパソコンスキルが身についていると就活に有利に働くでしょう。語学が必要なバイトなら、就活に大いに有利になるでしょう。

長時間働いたり、時給が高いバイトをしないと生活が苦しい方は、バイトと並行して副収入を考えてみるのも一つの方法です。ブログはスキマ時間に書けるのでお勧めです。

つまらない人生から脱出してみる

バイトの時にやっておきたいこと

バイトをしている時、常に就活のことを意識しながら働くようにしましょう。

どんな仕事でも目標や成果を考えながらすると、さまざまな気づきがあり仕事がうまくいくでしょう。このような状況を続けていくと、結果として自己成長につながります。

たとえば、社会人としての常識やマナーを身につけるように意識しましょう。上司や仲間へのホウレンソウ(報告・連絡・相談)を分かりやすく伝えるようにしましょう。販売・接客業の場合、さまざまな年代のお客様に対応できるようなコミュニケーション能力を身につけましょう。

これらのことは社会に出たら必ず役に立ちます。

→参考:大学3年初めてのバイトで後悔したくない!失敗しない選び方や簡単に受かる方法

→参考:大学4年で初めてのバイト! 受からない原因と一発で受かる為のコツ!

 

まとめ

ポ イ ン ト

  • その①:自己PRを作りやすいバイトをして、就活を意識しながら働きましょう。
  • その②:バイト時にやっておきたいことは、面接のときや社会に出たときに役に立つ知識や技術を考えながら身につけましょう。
  • その③:就活で有利なバイトは、接客・販売業やコールセンターなどで社会人としてのマナーや心得を修得しましょう。

大学4年になると、周りの友達が就活の話題でもちきりになると思います。自分には面接での自己PRがないと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。まだ遅くはありません。

まずは自己分析をして、自分は何をしたいのか。どこで働きたいのか。考えて下さい。その次に、やりたい業種のバイトを探して働いて下さい。働くときは就活を意識して、自己PRを作って下さい。必ず希望の仕事に就くことができます。諦めずに頑張って下さい。

いかがでしたか。この文章を読んで少しでもお役に立てれば嬉しく思います。最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

こんにちは、ふくです。

ところで、お前誰や?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

四国生まれの四国育ちのFラン大学生。
知識0の状態からネットビジネスを始め、

半年で150人以上雇い、
何もしなくても収益や資産が、
増え続ける仕組みを構築しました。

何の才能もない
めんどくさがり屋のダメ人間ですが、
なんとか自分が働かなくてもいい
仕組みを手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

どうやって大学生が人を雇い、
仕組みを作ったのか、下記の記事で公開しています。

ふくの自由な人生物語を読んでみる。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

ひっそり過激なメルマガ始めました。

Fラン大学生が人を雇って仕組みを作った方法はこちら

―――――――――――――――――――――――――――――――――

-大学生 バイト, 大学4年 バイト

Copyright© Fラン大学生ふくの自由な人生物語 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.