将来の不安解消法

20代後半で何がしたいかわからない…たった2つの方法で悩みを解決

友人A
20代後半になって、自分が本当にしたいことがわからない…
友人B
忙しい人でも簡単にできる、したいことを見つける方法が知りたい!

こういったお悩みにお答えします。

本 記 事 の 内 容

  1. 20代後半になって何がしたいかわからないのはなぜ?
  2. 20代後半で何もしない人は何がしたいかわからない30代になってしまう
  3. 自分が本当にしたいことがわからない…したいことを見つける2つの方法

今回は20代後半になって何がしたいかわからない方や、自分が本当にしたいことを見つける方法を知りたい方は、参考にしてもらえればと思います。

 

20代後半になって何がしたいかわからないのはなぜ?

20代後半になると「何がしたいかわからない」と悩んでしまう人が多いようです。こんなツイートがありました。

なぜこのように悩んでしまうのか、原因をまとめてみました。

何がしたいかわからない原因

  • 経験が少ない
  • 情報が多い

上記を詳しく解説していきます。

何がしたいかわからない原因①経験が少ない

何がしたいかわからない原因は、経験が少ないことが影響していると考えられます。

人はさまざまな経験を重ねることによって自分がしたいことを見つけることができます。なので経験の浅い20代の場合、何がしたいかわからないと悩むのは当然のこととも言えます。

誰にでも「あれやってみたいな」「これもやってみたいな」というイメージが、多かれ少なかれあると思います。しかしそれはあくまで想像なので、それがやってみたいことなのかはハッキリとわかりません

実際に経験をして初めて、「これが自分がしたいことだという判断ができるのです。

ふく
やってみたら意外と楽しい!って思えることもあるよね。

何がしたいかわからず悩んでいる方は、とにかくいろいろな経験をしてみることをおすすめします。こんなツイートがありました。

20代後半からアグレッシブに行動し、さまざまな経験を重ねることよって30代からの人生を充実させることができます。

友人A
でも自分から行動しなくても、年齢を重ねればそのうちしたいことも見つかるんじゃない?

確かに年齢を重ねれば、おのずと経験値は増えます。しかし自分からは動かず与えられただけの経験では、自分がしたいことを見つけるための糧にはなりません

自分から動かなければ、本当にしたいことは見つからないのです。こちらのツイートをご覧ください。

友人A
待っているだけじゃダメってことだね。

したいことが見つからない…と悩んだまま何もしないと、そのまま人生が終わってしまいます。

人は経験によって、視野が広がり選択肢も増えます。より多くの経験をすることで、何がしたいのかを発見することができるのです。

とは言え何から始めたらいいのか悩んでしまうと思います。そんなときは、まずはこちらの本で自分を見つめ直してみましょう。質問に答えるだけで、自分がしたいことに関するヒントが必ず見つかります。

読むだけでも、今抱えているモヤモヤが軽減される素晴らしい本です。

悩んでいると、頭を使いすぎて重たくなってきませんか?そんなときは夜のお風呂の時間で、頭皮をほぐしてあげましょう。程よい固さが一度使うとやみつきになります。

何がしたいかわからない原因②情報が多い

何がしたいかわからない原因は、情報の多さにも関係があると考えられます。

今はSNSやスマートフォンの普及により、いつでもどこでもさまざまな情報に触れられます。好きなことを仕事にして、自由に生きている人をブログやYoutubeなどで見る機会も増えたのではないでしょうか。

ふく
僕はブログに出会ったおかげで自由に生きてるし、これからもたくさんの情報を発信していこうと思ってるよ

実際に成功したという情報などを簡単に仕入れることができるので、「あれが楽しそう」「これも気になる」といろいろな選択肢が増えていきます

選択肢が増えるとどれに取り組めばいいのか迷ってしまい、結果的にどれもしないという状況になる人が多いのではないかと思います。こんなツイートがありました。

ふく
結局何もしないっていう人の典型的なパターンがコレだね。

大抵のことはネットで調べればわかるようになりましたが、自分のしたいことはネットで調べても答えは出ません

情報を見ただけで満足していては、何も変わりません。今のモヤモヤとした状況から抜け出せないまま月日だけが過ぎ、薄っぺらい人生になってしまいます。

友人A
先のことを考えるとこのままの状態じゃダメだってわかるし、抜け出したい…!でも具体的に何をしたらいいのかわからないよ。

そんな方にオススメなのがブログです。パソコンとネット環境さえあればOKなので、準備するものもありません。正しい知識さえ身につければ、初心者でもすぐに始められます。

なにか新しいことを始めれば、得られるものは必ずあります。まずは一歩踏み出してみましょう!

新しいことを始めてみる

 

20代後半で何もしない人は何がしたいかわからない30代になってしまう

20代後半で何がしたいかわからないにも関わらず何もしない人は、30代になってもその悩みから抜け出せないままの可能性が高いです。

こんなツイートがありました。

友人A
今の悩みって30代になっても続くのか…

以下は20~30代の社会人に『日常生活において、「忙しい」と感じていますか?』という質問をした結果のグラフです。

引用:カロリーメイト

20代~30代は、「日常生活が忙しい」と感じている人が約70%ほどいます。この結果から仕事やプライベートに追われ、自分の時間がなかなか作れないという現状が見えてきます。

多くの人が自分が何がしたいかわからない…と悩んではいるものの、忙しさのあまり解決する時間や余力が残っていないということです。

さらにいつの間にか「何がしたいかわからない」と悩んでいたことさえ忘れてしまう可能性もあります。以下のグラフをご覧ください。

20代前半は入社したばかりで仕事に必死なので、仕事以外のことを悩んでいる余裕はありません。しかし20代後半になると仕事にも多少慣れ、要領がわかってくるので脳に余裕ができます。

仕事がつまらなく感じていたり、日常に物足りなさを感じている場合「何がしたいかわからない」という悩みが発生します。

そして30代前半になると結婚・出産などのプライベートなイベントや、仕事での昇進・昇格などを経験する人が多くなります。プライベートと仕事が忙しくなり、「何がしたいかわからない」と悩んでいる時間はなくなります。

30代後半になり日常が落ち着いてくると脳に余裕ができ、再び「何がしたいかわからない」と悩んでしまうのです。

友人A
日常がつまらなかったり、慣れてくるタイミングで悩んでしまうってことだね。
うん。悩んでいるだけでは何も解決しないから、結局また悩むことになる。仕事やプライベートが忙しいとしても、少しは自分のために使う時間を作り出すのも大事だと思うよ
ふく

毎日忙しくても、10分15分であれば自分のための時間を確保することは難しくないと思います。その時間を利用して、自分の気持ちを整理してみませんか?

日々の気持ちの変化を理解することで、自分が本当にしたいことが見えてくるかもしれません。

つまらない人生から脱出してみる

 

自分が本当にしたいことがわからない…したいことを見つける2つの方法

自分が本当にしたいことがわからない…そんな悩みを解決するしたいことを見つける方法をご紹介します。

したいことを見つける2つの方法

  • 気持ちを紙に書き出す
  • 行動する

上記を詳しく説明します。

自分が本当にしたいことを見つける方法①気持ちを紙に書き出す

まずは自分の頭の中に浮かんでくることを、すべて紙に書き出しましょう

頭の中のイメージを文字にして見えるようにすると、自分の気持ちが整理され自分がしたいことが見えてきます

書く内容は何でもOKです。自分が好きなことや、良いなぁと思うこと、これだけはやりたくないこと、自分の得意なことや不得意なことなど…なるべくたくさん書き出すのがポイントです。

例として、5つだけ書き出してみました。

【例】

  • 文章を書くのが好き
  • なにか副業がしたい
  • 自由に好きなことをして生きている人が羨ましい
  • 会社員として決められた時間に出勤するのが苦痛
  • パソコンが得意
友人B
例を見ても、イマイチどんなことを書き出したらいいかわからないなぁ…
そんなときは2ヶ月後に死ぬって考えてみると、したいことが浮かんでくるみたいだよ!詳しくは以下の動画の3分15秒あたりから見てみてね。
ふく

友人B
この動画を見たら、どんどんしたいことが浮かんできた!

それでもまだ難しいという場合は、マインドマップで書き出していくのも良いかもしれません。こちらの動画を参考にしてみてください。

紙に書き出す作業は、決まった方法はないので自分流で問題ありません。動画で紹介した方法はあくまで参考ですので、自分のやりやすい方法で行ってみましょう。

紙に書き出すと自分自身と向き合うことができるので、自分の本当の気持ちが見えてきます。こんなツイートがありました。

ペンがあればいつでもどこでもできます。ぜひ自分のしたいことや、頭に浮かんだこと・気持ちなどを自由に書き出してみましょう

毎日見たくなるような特別なノートを用意すれば、自分と向き合う時間を積極的に作れるのではないでしょうか。写真以上の美しさの表紙は、見ているだけでも幸せな気持ちになります。まずは形から入りたい方におすすめです。

シンプルで品のあるものがほしいという方には、世界中で愛されているロディアのノートはいかがでしょうか。表紙のイタリア製合皮が美しく、使い込むほどなじんでいきます。さらに万年筆でもOKな紙を使用しており、魅力的な味わい深さがあります。

自分が本当にしたいことを見つける方法②行動する

紙に自分のしたいことや気持ちを書き出したら、その中から2~3個ピックアップして行動に起こしてみましょう

「20代後半になって何がしたいかわからないのはなぜ?」の章でもお話したように、やってみなければ自分がしたいことなのかという判断ができませんとりあえずやってみることが大切です。

友人B
紙に書き出したのはいいけど、どんな風に行動していいかわからないなぁ…

先ほど書き出した【例】を用いて、どんな行動をしたら良いのかを考えてみましょう。もう一度内容を振り返ります。

【例】

  • 文章を書くのが好き
  • なにか副業がしたい
  • 自由に好きなことをして生きている人が羨ましい
  • 会社員として決められた時間に出勤するのが苦痛
  • パソコンが得意
ふく
パソコンが得意だったら、パソコンでできる副業がいいかもね!
なるほど!そんな風に繋げて考えていったらいいんだね。文章を書くのが好きならWEBライターとか良さそう!
友人B

このように、いくつかの項目を組み合わせて考えてみるのがポイントです。WEBライターに魅力を感じたのであれば、必要な知識をどんな風に得られるのかなどを調べて実践してみましょう。

ふく
会社員として働くのが苦痛なら、僕がやってるブログ運営とかはどうかな?
それもいいけど続ける自信もあんまりないし、もしやってみて「これは違うかも…」って思っちゃったらどうしよう。
友人B
ふく
心配な気持ちはわかるし、何も問題ないから気にしなくて大丈夫だよ!

実際にやってみて「これは違うかも…」と感じても全く問題はありません。「したくないこと」を理解するのも、本当にしたいことを見つけるために必要な作業です。合わなければ、また違うことに取り組んでみましょう。

さまざまな経験を重ねていくうちに、自分のしたいことが明確になっていきます。20代後半のうちにたくさんの経験ができると、将来自分が本当にしたいことが見つかります。

自分が本当にしたいことを見つけるために、積極的に行動しましょう

何から始めたらいいかわからない…という方は、リスクが少ないブログを始めてみましょう。初心者でも簡単に始められるのがメリットです。詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

ふく
以下のボタンをクリックして、早速行動に移してみよう!

自分が本当にしたいことを見つけよう

 

まとめ

ポ イ ン ト

  • 20代後半で何がしたいかわからない原因
    経験が少ない
    情報の多さ
  • 何もしなければ、自分がしたいことは30代になっても見つからない
  • 自分が本当にしたいことを見つける2つ方法
    気持ちを紙に書き出す
    行動する

いかがでしたか?

20代後半は「何がしたいかわからない」と悩む人がたくさんいます。誰もが通る道と言っても過言ではないかもしれません。

悩んだだけで終わりにせず、ぜひ自分と向き合って行動をしてみてください。驚くほど毎日が充実し、30代以降の人生も謳歌できるはずです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-将来の不安解消法

Copyright© Fラン大学生ふくの自由な人生物語 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.