大学生のお小遣いの悩みから探す

大学生のお小遣いの相場は?実家暮らしと一人暮らしタイプ別に解説!

2021年4月12日

自己紹介

名前:ふく  
専門:外注化(今まで150人以上を1人で雇った経験あり)、Youtuber&ブロガー 
肩書き:現役大学生 大学が暇でバイトを始めるも仕事が出来なくて絶望。奨学金も返済しないといけないし、家族が出来たら養えないといけない!将来に不安を感じ在学中に「個人で稼げるスキル」を身につけるべくネットビジネスの世界に突入。「一生会社で働く生活から脱出できるかもしれない」とめり込むがブログのキツさに一度挫折。外注化に出会いブログ再開し、自分が働かなくてもお金が入ってくる仕組みを構築中。得意分野は外注化。1人で常時70人ほど雇い、最低でも1か月50記事以上の記事を自分の時間を使わずに記事追加しており、今後の金銭面や生活が不安な大学生に外注化を進めてる。

将来が不安で本気で人生を変えたい!という方は「人生が不安しかない読んでほしい。20代の暇人が自由になる為の物語」をどうぞ!

個人で稼ぎたい人へ

たった2時間で6万以上稼げる方法を教えます。詐欺でも何でもない真っ当な方法です。汗水垂らして働かなくても、知識だけでお金は稼げます。知っているか知らないかの違いだけです。ネットで稼ぐ感覚を身につけて、個人で稼ぎたい人は「【たった2時間で6万円】知識でお金を稼ぐ方法を教えます【初心者でも稼げる】」をどうぞ。

---------------------------------------

 

友人A
大学生のお小遣いの相場っていくらくらいなんだろう?

一人暮らしと実家暮らしではお小遣いの額はどれくらい違うんだろう?

みんなのお小遣いの使い道知りたいなあ?

こういった疑問に答えます。

ポイント

1.大学生のお小遣いの相場がいくらくらいなのか、まとめてみました

2.大学生にお小遣いが必要な理由

3.お小遣いの駄目な使い道ワースト3

この記事では、大学生お小遣い相場がいくらくらいなのが丁度いいのか、みんなどういう使い道をしているか、参考にしてもらえたらうれしいです。

 

大学生のお小遣いの相場がいくらくらいなのか、まとめてみました

大学生のお小遣いの相場まとめ

その①:大学生のお小遣いの平均はいくら?

その②:実家暮らしと一人暮らしどっちがお小遣い多い?

その③:実家暮らしと一人暮らしどちらが遣り繰り上手?

この3点を解説していきます。

その①:大学生のお小遣いの平均はいくら?

大学生は、社会人の予行練習の時期でもあります。ですのでお小遣いの遣り繰りも社会に出る前に考えて行うべきです。大学生のお小遣いの平均ですが、まず使い道として、

お小遣いの使い道

  1. ジュース等買う→個人で使う
  2. 友達とランチする→コミュニケーションを図る
  3. サークル活動で使う→例えばスポーツのサークルならシューズやユニホーム等や移動費(バス代・電車代)
  4. 休みの日出かける→一人又は、友達と出掛ける(買い物やテーマパーク等に遊びに行く)
  5. 夜に一人か、友達とお酒を飲みに行く(成人になってから)など思いつきます。家でのオンライン飲み会もありますね。
  6. 最後に細かい事を言うと、携帯代もありますね。
大学生のお小遣いの平均いくら貰っているかは、下記のデータをご覧下さい。

引用:コレコレ

平均で30000円も貰ってますね。羨ましいですね。大学生のお小遣いに対しての意見は、下記のツイッターをご覧下さい。

これらの意見を見ると大学の種類にもよりますが、まあ大体平均20000円くらいのようですね。データと身近な意見で10000円も差があるんですね。

うーん羨ましく思うのは、変でしょうか?話は変わりますが、友人の話です。社会人で5000円のお小遣いで遣り繰りしているみたいです。頑張ってますね。

友人A
遣り繰りするの20000円だと余裕で出来るなあ!
沢山貰えて羨ましい!
友人B
お小遣いをきちんと遣り繰りするということは、社会人としてまともに生活出来るかどうかということになります。お小遣いを増やして人生楽しく過ごすのにこんなのは、どうでしょう?

ブログをやってお小遣いを増やしてみる

その②:実家暮らしと一人暮らしどっちがお小遣い多い?

結論から言うと、実家暮らしの方が使える額が多いです。それを順に解説していきます。まずは、実家暮らしの人でこんな人がいる事について面白いツイッターがあるので見て下さい。

こんな人いるんですね。やはり実家暮らしの中で自分で家事を経験しないと当たり前の事も出来ないんですね。こういう人ばかりではないですが、一人暮らしに比べて自立する気持ちが少ないんでしょうか?

まず実家暮らしは、一人暮らしに比べて生活費があまり掛からないのが特徴ですよね。光熱費や食費の事を気にしないでいいので楽チンに思えます。

ですが、親と一緒に暮らしているので、自由な時間が少なく、ある程度の束縛される時間があるのも実家暮らしの特徴とも言えます。一人暮らしのツイッターもご覧下さい。

たしかに一人暮らしは自由な時間がある一方全てを自分でやらないといけないので、ついつい物で溢れかえったりしちゃうんですね。

一人暮らしは、炊事・洗濯・掃除とやることが沢山てんこ盛りです。でもその分束縛される事がないので自由な時間が沢山あります。

本題に入りますが、実家暮らしと一人暮らしのお小遣いは、一体いくらくらいなんでしょう?下記のデータをご覧下さい。

 引用: 保険チャンネル(出典:独立行政法人日本学生支援機構2018年度学生生活調査) 

このデータを見ると、娯楽・し好費がお小遣いに当たるとすると、実家暮らし1ヶ月12550円対して、一人暮らし1ヶ月13075円となります。やはり純粋に一人暮らしが使えるお金が多いのがわかります。

一人暮らしは、お金が少し実家暮らしよりも上回っているように見えますが、トータルで実家暮らしの方が実際に使える額が多いです。

一人暮らしは、家に帰ってから上記で説明した炊事・洗濯・掃除が毎日あるので疲れてしまいます。そうすると自然に今日は面倒くさいから外食にしようっとなり、出費となります。

ここは、実家暮らしの方が自由に使えるお金があると言っていいでしょう。もっと色々な事が出来る様にもう少しお小遣いを節約してみてはどうでしょうか?

例えば自炊するのでもまとめて米を炊いて食べない分は冷凍庫に保存して、また食べる時に温めて食べると保温しなくていいので電気代が安く済みます。

こんな電子ジャーなんかどうでしょうか?なんかおにぎり食べたくなりますね。

その③:実家暮らしと一人暮らしどちらが遣り繰り上手?

実家暮らしと一人暮らしで、実家暮らしの方が自由に使えるお小遣いの額が多いのは、分かって頂けたと思います。ですが、遣り繰りに関してはどちらが上手なのでしょうか?

実際に生活費の遣り繰りをしていかないと、生活出来ないのでここは一人暮らしの方が遣り繰りが大変だと言えます。

それを食費・光熱費・交際費で比べて解説して行きます。最初は食費からです。

食費

①実家暮らしは親と家で食べればほぼ0円。

②一人暮らしは自炊→全て自分で買い物して作る→その分お金が掛かる。

③一人暮らしはシビアに遣り繰り→1ヶ月丸々金欠過ごす羽目になる→死活問題

④一人暮らし→遣り繰り大変→自然と上手になっていく。

ここで友人の話ですが、会社の先輩は仕事で出張に行く際、現地に2合炊き電子ジャーを持参して、宿泊先のホテルで御飯を炊き、おにぎりを作って持っていくそうです。凄い強者ですね。

友人自体も出張の際チンする御飯と冷凍食品を買い、お茶を沸かしてそれをペットボトルにいれて昼と夜過ごしていたみたいです。

こちらも凄いと思いますがこの先輩にはかなわないですね。お茶を持って行くときこんな水筒はどうでしょう?

光熱費

①シャワーを頻繁に使う→どんどん光熱費上がる→流しっぱなしにしない!

②節約するため→部屋の決めての一つとして追い焚き機能付きの部屋にする→シャワーと同様に新しくお湯を沸かす事は、同じです。なので追い焚き機能付きの部屋にしましょう。

③夏・冬のエアコンの使い方も重要→夏の場合→熱中症予防で使用節約の為、最低限にする。キンキンに冷やしすぎない。不在の時、換気扇を利用してエアコンの使用を最低限に努める。冬の場合→寒くて風邪を引かないように乾燥を避けて暖める。加湿器を使って湿度を上げてエアコンの使用を控えて節約します。

④実家暮らし→光熱費は親の支払い一人暮らし→全て自己負担なので遣り繰り大変

最後に交際費です。

交際費

①実家暮らしも一人暮らしも差がない様にみえるが実家暮らしの良いところ爆発!→夜の付き合いで帰りたいときに、門限あるからや親に帰ってこいと言われたと言って帰れる無駄遣いしなくていい

②一人暮らし→門限ないから、最後まで付き合わされる

今回は、実家暮らしに軍配ありですね。結果を見ると2勝1敗で一人暮らしの方が遣り繰り上手と言えます。

ふく
併せてこの記事もご覧下さい

【大学生だけど自宅生】お小遣い額はどれぐらい?アルバイトすべき?

自宅住まいの大学生に小遣いは必要?実際はどのぐらいもらってる?

節約するのもいいですが、もうちょっとお小遣い欲しいなあと思ったらブログでも始めませんか?

お小遣いを増やすのにブログをやってみる

 

大学生にお小遣いが必要な理由

大学生には、お小遣いが必要です。友達と遊ぶ・飲食を楽しむ・何か購入するそれぞれ社会人になってからも必要な事です。

社会人の予行練習の時期のここで必要なのです。それでは、大学生にお小遣いが必要な理由を4点解説して行きます。

お小遣いが必要な理由

その①:やはり遊ぶのにはお金が必要!

その②:ストレス解消に何か食べに飲みに行く!

その③:日頃の感謝を込めて親にプレゼントする!

その④:自己投資に使う!

その①:やはり遊ぶのにはお金が必要!

大学生は、高校生の時より遊び方も変わって行く時期です。そうなると自然とお金が必要になってきます。

高校生の時の映画・カラオケ・ボーリング場等からバーベキュー・キャンプ・ドライブ・旅行・マリンスポーツ・ウィンタースポーツとインドアからアウトドアまで幅広くなります。

こんだけ増えたら小遣いが無いなんてありえません。むしろ無限に欲しいくらいです。

その②:ストレス解消に何か食べに飲みに行く!

大学生になると高校生までと違い交流も増え、コミュニケーションを図る機会が増える

→ストレスも溜まる→ストレス発散したくなる→美味しい物食べたり飲んだりしたくなります。

大人になるって大変ですね。これを繰り返して大人になっていくんですね。その為にも小遣いは必要です。

その③:日頃の感謝を込めて親にプレゼントする!

これに関しては小さい頃からやって来ている人もいると思いますが、大学生ならではの大人な意見じゃ無くてもシンプルに簡単でいいので、

日頃の感謝の気持ちを込めて育ててくれた親にプレゼントを買いましょう。ちなみにこんなのはどうでしょう?

お父さんには、お酒飲まなくても美味しいおつまみセットなんかいかかでしょうか?

そしてお母さんには、長年家事等で荒れた手にハンドクリームをあげるといいのではないでしょうか?

その④:自己投資に使う!

最近では大学生が起業する事も珍しくありません。その為にセミナーを受けたり、本で勉強したりと何かとお金が掛かります。

将来の自分の為にお金を使う事も有りだと思います。その資金を貯めたり、本格的にブログで起業するのはどうでしょうか?

ブログで起業してみる

 

お小遣いの駄目な使い道ワースト3

その①:ギャンブルにはまっちゃう

適度に遊ぶくらいなら楽しくストレス発散になるギャンブルですが、怖いのが一度儲けてしまうと癖になり、抜けられなくなる恐れもあります。

勝った時の興奮が忘れられずズルズル依存症になってしまうのも特徴です。40代の友人の話ですが、本物のパチンコ・スロットだと有り金全部使ってしまうので

最近では、ゲームセンターでパチンコ・スロットマシンで遊んでいるみたいです。子供に混じってクレーンゲームとかもやっているみたいです。

よくやめられたなあと友人も言ってましたが、家族の悲しむ姿を思い浮かぶとできるみたいです。

父さん
家族は大事にしないといかん!
 
ギャンブルもほどほどにね!
母さん

その②:友達に奢りまくる!

これも友人の話になってしまいますが、自分が友達より稼いでいた為よく奢っていたみたいです。

これのいけない所は自然と上下関係になってしまい、対等な関係で無くなってしまうというなんとも悲しい現実が待っています。

実際友人も友達に財布扱いされ、今では関係が壊れ連絡も取れなくなったそうです。いいカモにされてます。かわいそうです。

金の切れ目が縁の切れ目とはよく言ったもんだね
ふく
友人B
お金って怖いよね、友達付き合い大事にしたいよね対等に付き合う様に気を付けようね

その③:お金を気にせずパーティしちゃう

お小遣いは無限にある訳ではないので無計画で毎日パーティピーポーみたいな事ばかりしているとどんどんお金が無くなり生活出来なくなり最悪借金する羽目になります

雪だるま方式で借金する事にならない様に計画的にお金は使いましょう。

毎日パーティーしてたらお金なくなるぞ!
友人A
友人B
ご利用は計画的にね!
はい!わかりました!
友人A
友人B
お金は、無限にあるわけではないからね!

 

まとめ

まとめ

 1.お小遣いの相場は、平均12000円~30000円くらいで幅は広い。

2.お小遣いを遣り繰りするのは社会に出てから大いに役に立つからしっかりやる。

3.お小遣いは大学生にとって生活していく上で必要である(遊び・ストレス解消・親にプレゼント・自己投資するのに必要)

4.ギャンブルに、はまらない

5.節度な金銭感覚で友達と付き合う奢り過ぎない!

6.お金を気にせず毎日パーティーをしない!←借金しない! 

これで大学生のお小遣いの相場についてわかって頂けたでしょうか?

使い道を誤るととんでもないことになるのでお金の使い道は計画的につかいましょう。

日頃から少しずつ貯金するのもいいかもしれませんね。ブログを始めてお小遣いを沢山作りませんか?

ブログを始めてお小遣いを稼ぐ

この記事を通じて皆さんの参考になったらうれしいです。ここまで読んで頂きありがとうございました。

ふく
ありがとうございました

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――

こんにちは、ふくです。

ところで、お前誰や?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

四国生まれの四国育ちのFラン大学生。
知識0の状態からネットビジネスを始め、

半年で150人以上雇い、
何もしなくても収益や資産が、
増え続ける仕組みを構築しました。

何の才能もない
めんどくさがり屋のダメ人間ですが、
なんとか自分が働かなくてもいい
仕組みを手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

どうやって大学生が人を雇い、
仕組みを作ったのか、下記の記事で公開しています。

ふくの自由な人生物語を読んでみる。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

ひっそり過激なメルマガ始めました。

Fラン大学生が人を雇って仕組みを作った方法はこちら

―――――――――――――――――――――――――――――――――

-大学生のお小遣いの悩みから探す

Copyright© Fラン大学生ふくの自由な人生物語 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.