大学生のお小遣いの悩みから探す

【大学生だけど自宅生】お小遣い額はどれぐらい?アルバイトすべき?

自己紹介

名前:ふく  
専門:外注化(今まで150人以上を1人で雇った経験あり)、Youtuber&ブロガー 
肩書き:現役大学生 大学が暇でバイトを始めるも仕事が出来なくて絶望。奨学金も返済しないといけないし、家族が出来たら養えないといけない!将来に不安を感じ在学中に「個人で稼げるスキル」を身につけるべくネットビジネスの世界に突入。「一生会社で働く生活から脱出できるかもしれない」とめり込むがブログのキツさに一度挫折。外注化に出会いブログ再開し、自分が働かなくてもお金が入ってくる仕組みを構築中。得意分野は外注化。1人で常時70人ほど雇い、最低でも1か月50記事以上の記事を自分の時間を使わずに記事追加しており、今後の金銭面や生活が不安な大学生に外注化を進めてる。

将来が不安で本気で人生を変えたい!という方は「人生が不安しかない読んでほしい。20代の暇人が自由になる為の物語」をどうぞ!

個人で稼ぎたい人へ

たった2時間で6万以上稼げる方法を教えます。詐欺でも何でもない真っ当な方法です。汗水垂らして働かなくても、知識だけでお金は稼げます。知っているか知らないかの違いだけです。ネットで稼ぐ感覚を身につけて、個人で稼ぎたい人は「【たった2時間で6万円】知識でお金を稼ぐ方法を教えます【初心者でも稼げる】」をどうぞ。

---------------------------------------

 

友人A
・大学生のお小遣いはどれぐらい?
・自宅生はお小遣いだけでやっていける?
・アルバイトはするべき?

こういった疑問に答えます。

本 記 事 の 内 容

  1. 大学生のお小遣い事情
  2. 自宅生のお小遣いの使い道
  3. アルバイトは必要か?

高校生までは貰っていたけど大学生からはお小遣い貰わないという学生もいれば、大学生になってもお小遣いはもらっているという学生もいます。

実家から大学に通っている自宅生、大学の近くで一人暮らしをしている学生。

一人一人、生活環境によってお小遣いがあったり無かったりしますよね。

大学生になったらお小遣いはどうするべきか、他の学生たちはどうしているのか。

今回は、大学生のお小遣いの疑問についてまとめました。

同じ悩みを抱いている学生たちにとってお役に立てれば嬉しいです。

 

大学生のお小遣い事情

皆さんご存じでしょうか。

全国大学生活協同組合連合会による2019年の調査によると、実家暮らしの大学生のお小遣いが月間平均13,480円だということを。

2010年では15,550円だったので、9年で約2,000円の減額です。

たったの2,000円と思った方もいらっしゃるでしょうし、2,000円もと思った方もいらっしゃるでしょう。

捉え方は人それぞれですが、普段2,000円があったら皆さんは何をしていますか。

学生の皆さんがパッと計算できるものとして、食費で計算してみてください。

食費にすると2,000円は何日分の食費にあたるでしょうか

自宅生だった場合、食費の使い道は昼食がメインかと思います。

昼食を1日500円で計算すると4日はいけますよね。

そう考えると、2,000円減額って大きいと思いませんか。

さらに、自宅生の中には平均以下のお小遣いを貰っている学生も多くいるのが現状なんです。

友人A
いくら自宅生とは言え、やっぱり少ないお小遣いだとやりくりが大変だね
そうだね。しっかり考えて使わないといけないね
ふく

 

自宅生のお小遣いの使い道

大学生ともなれば、ゼミやサークル、クラブ活動、アルバイトなどで人との交流が増え、それがきっかけで娯楽費が増える可能性は大いにあります

それとは別に、教養娯楽費(ゲーム代・旅行代・習い事の月謝など)が増加傾向にあるんです。

友人A
ゼミとかサークルはやっぱり大学ならではだよね。ゼミやサークルに入ればやっぱり皆で集まって遊んだりするし、確かに娯楽費は増えるかも・・・
大学生ならではの楽しみではあるけど、そのせいで生活費を圧迫しないように注意しないとね
ふく

大学生のお小遣いの使い道は「娯楽費」が一番多い・・・と思いがちですが、実はそうでもないんです。

特に自宅生のお小遣いの使い道で一番多いのが、食費貯金なんです。

自宅生は一人暮らしをしている学生のように家賃や光熱費などの生活費を払う必要がない分、貰ったお小遣いを貯金にまわす余裕があるんですね。

今時の大学生は遊んでばかりではないということですね。

これから貯金をしたい、さらに貯金を増やしたいという方にはこちらの記事をチェックしてみてください。

働かずにお金を増やす方法

 

アルバイトは必要か?

高校生まではアルバイトをしていなかったけど、大学生になってからアルバイトを始めたという人もいるでしょう。

実際、自宅生でも一人暮らしの学生でもアルバイトをしている人がほとんどです。

むしろ、アルバイトをしないで生活できる大学生はほとんどいないと言っても過言ではありません

それだけ学生生活には色々な出費が多く、お小遣いだけではやっていけない学生が多いのです。

自宅生でお小遣いを貰っている人は、お小遣いよりもアルバイトで収入を得ている人が多いぐらいです。

上記で述べましたが、自宅生のお小遣い平均は月間13,480円。

「昼食にしか使いません」という学生だったら大丈夫かもしれませんが、学生には学生の付き合いといものがありますよね。

それらをお小遣いだけでやりくりするのは大変。

もちろん、平均以上のお小遣いを貰っている学生ならば食費も付き合いも全てお小遣いでやりくりできるかもしれませんが、全ての家庭がそうゆうわけではありません。

大学生になったからこそ、自分の生活費は自分で稼ぐことをおすすめします。

自分で稼いだお金ですから、遊びに使うのも貯金に回すのも自由。

そして何より、自分の生活費を自分で稼ぐということは家計を助けることにも繋がります。

大学卒業後、社会人として働き始める前にアルバイトで働くことに慣れておくのも大事ですよ。

 

まとめ

ポ イ ン ト

・大学生のお小遣いは減額傾向にある

・自宅生はお小遣いを食費や貯金に使っている

・アルバイトは将来の為にもすべき

お小遣いというのは貰えればありがたいですが、依存し過ぎると生活を窮屈にさせてしまいます

大学生になってアルバイトをすることが出来るようになったのなら、アルバイトはした方が良いでしょう。

貯金をしたいと思っている方は、アルバイトをすることでより貯金がしやすくなります。

自分の生活を豊かにする為にも、いづれ社会人として働き始めた時の為にも、自立する為にも、お小遣ばかりに頼り過ぎないことをおすすめします。

この記事が、皆さんがより楽しく充実した学生生活を送れる手助けになったら幸いです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

こんにちは、ふくです。

ところで、お前誰や?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

四国生まれの四国育ちのFラン大学生。
知識0の状態からネットビジネスを始め、

半年で150人以上雇い、
何もしなくても収益や資産が、
増え続ける仕組みを構築しました。

何の才能もない
めんどくさがり屋のダメ人間ですが、
なんとか自分が働かなくてもいい
仕組みを手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

どうやって大学生が人を雇い、
仕組みを作ったのか、下記の記事で公開しています。

ふくの自由な人生物語を読んでみる。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

ひっそり過激なメルマガ始めました。

Fラン大学生が人を雇って仕組みを作った方法はこちら

―――――――――――――――――――――――――――――――――

-大学生のお小遣いの悩みから探す

Copyright© Fラン大学生ふくの自由な人生物語 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.