大学生 行きたくない

いじめで大学に行きたくない涙がでるそんなときの対処法を紹介します

友人A
・いじめが原因で大学に行きたくない
・大学のことを考えると涙がでる
・大学を中退した方がいいのかな

こういった疑問に答えます。

本 記 事 の 内 容

  1. 大学の教授やよりそいホットラインに相談する
  2. 自分で解決したい場合
  3. 法的手続きを行う
  4. 大学を中退した場合
  5. やりたいことがない場合

今回はいじめが原因で大学行きたくない、大学のことを考えるとがでる!そんな時はどうすればいいのかを紹介しますので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

大学の教授やよりそいホットラインに相談する

友人A
大学でいじめがあった場合はどうすればいいんだろ?
まずは教授やよりそいホットラインに相談してみよう、解決できるかも。
ふく

大学に行きたくない、大学のことを考えると涙がでるという状況であれば、迷わずに相談した方がいいです

このまま解決せずに大学に行っていては、心身ともに疲弊してしまいうつ病になってしまうリスクがあります

大学の授業は高校までの授業とは違い、自分で科目を選んで授業を受けるのでいつも同じ人と会うことはありません。

ですが受ける授業が同じ場合もありますので、そんな時の対処法を紹介します。

大学の教授に相談する

大学でいじめがあった場合は、最初に誰に相談したらいいのかわからないと思います。

親しい友人がいれば相談もできると思いますが、必ずしも相談できるわけではありません。

親に相談するのもいいですがその場合は心配されるので、できるのであれば相談はしたくない。

そんなときは、大学の教授相談しましょう

教授に相談すれば、いじめてくるグループから違うグループに移動してもらえるなど、解決してくれるかもしれません

よりそいホットライン

よりそいホットラインは、小中高などでいじめがあった場合に相談する、いじめホットラインなどと同じような相談窓口です

相談できることは、暮らしの困りごとから悩み、DV、性暴力など相談できることは多くあります。

ご利用方法を紹介します。

相談してみましょう

  1. 0120-279-338に連絡
  2. 音声ガイダンスの指示を聞いて該当する番号を押します
  3. 相談員が対応してくれますので、悩み事を相談します

1人で悩んでいても解決しませんので、早めによりそいホットラインに相談してみましょう、クリックしていただくとホームページにアクセスできます。

 

自分で解決したい場合

友人A
自分で解決するのは難しいのかな?
難しいかもしれないね、でも無理じゃないと思うよ。
ふく

いじめてくる人と直接話し合いなどで解決できればいいですが、簡単ではありません

そこでまずは自分でできる方法を紹介します。

自分で解決する方法

いじめてくる人に近づかない

もし現在ぼっちならば友人を作る

体を鍛える

ここで紹介したことは、いじめを受けたときの主な対応方法になります。

それでは詳しく紹介していきます、最初に言っておきますが体を鍛えるはあまりおすすめできません

いじめてくる人に近づかない

大学の授業は高校までとは違い、クラス単位ではなく自分で科目を選択して授業を受けるので、いつも同じ人と授業を受けることはあまりありません

ですが、いじめてくる人と同じ科目を選んでいた場合は最悪ですね

そこでいじめてくる人と、違う科目を選択することでエンカウント率(会う確率)を下げることができます

もしぼっちならば友人を作る

ぼっちな人は大学では意外と目立ってしまいます

大学では、ほとんどの学生はグループで行動しているからです。

グループは少なくても2人ですね、特に食堂ではぼっちは目立ちますし、大学によってはぼっち席というぼっちの人が食事をする席もあるみたいです。

これは経験したこともあると思いますが、いつもぼっちでいると陰口を言われるといったような、いじめが始まることもあります

そうならないように、友人を作って楽しい大学生活をしましょう

ぼっちにならないために読んでいただきたい本を紹介します。

参考になる記事を紹介しますので、ぜひ読んでみてください。

大学中退理由はぼっちだから⁉中退前に役立つ友達の作り方!

体を鍛える

あまりおすすめできませんが、最悪の場合肉弾戦も視野に入れましょう

いじめてくる人は、ほとんどの場合グループで行動しています。

だから気が大きくなってやってはいけない、いじめをしてくるのかもしれません。

そもそも、やられっぱなしなのも原因かもしれませんね。

体を鍛えましょう!格闘技を学ぶのもいいです。

おすすめのトレーニングマシンを紹介します。

格闘グッズでストレス解消もできます。

今のままでは何も変わりませんので、今の自分を変える行動をしましょう!そうすれば周りの人も変わるはずです。

今の自分を変えてみる

 

法的手続きを行う

友人A
どうしても解決できない、どうしよう?
最終手段は法的手続きだよ!
ふく

最終手段法的手続きを行うです。

いじめが酷くなり、心身ともに疲弊した場合はもうこれしかありません

民事調停を申し立てます

民事調停調停委員という第三者を入れて、自分といじめてくる人とで話し合いを行い解決する方法です。

損害賠償、慰謝料などの額を話し合って解決できれば終了です。

しかし解決できなければ、次のステップです。

民事訴訟を申し立てます

民事調停で話し合いによる解決ができないのであれば、次は民事訴訟になります。

民事調停から民事訴訟になりますので、話し合いではなく裁判官が判断します

こうなってくると、時間もお金もかかりますが判断をするのは裁判官なので、いじめの証拠をしっかりと集めなければいけません

証拠となる音声や動画、写真などがあるといいです。

わからない場合は、事前に弁護士などに相談しておくといいでしょう。

 

大学を中退した場合

友人A
もうこの大学にいたくない、中退しようかな
中退はダメだよ!今までのことが無駄になってしまうよ!
ふく

いじめが原因で大学を中退した場合は、どのようなことが待っているのでしょうか?詳しく説明します。

この動画を見ていただくことで大学を中退した方がいい人、中退しない方がいい人がわかりますのでぜひご覧ください。

大学を中退するデメリット

注意ポイント

今までの大学に使ったお金と時間が無駄になってしまう

最終学歴が高卒になってしまう

面接するときに卒業まで継続して努力できない人に見られてしまう

面接で中退の理由を聞かれる

大学を中退してしまうとリスクが大きいですが、目的があって中退するのであればリスクはそんなに大きくありません。

例えば卒業を待たずに起業したいのであれば、卒業まで待つ必要はありません

現に大学を中退して起業する人もいます

しかし、いじめが原因での中退なのでリスクは大きいです

今までの大学に使ったお金と時間が無駄になってしまう

大学を中退してしまうと、今まで使ったお金や時間が無駄になってしまいます

大学を受け直しても同じことです

お金はなんとかなるかもしれませんが、失った時間はどうしようもないので中退する場合は、よく考えてからにしましょう。

最終学歴が高卒になってしまう

最終学歴が高卒になってしまうと、お給料や就職などで大卒の人と差が出てしまいます

給与の点で言えば、2018年度の厚生労働省の調査によると、大学・大学院卒の平均の賃金が「約40万円」であるのに対し、高卒では「約29万円」と、10万円以上の開きがあります。

引用:キズキビジネスカレッジ

高卒と大卒では平均で10万以上も差が出ているので、できれば中退は避けたいですね。

就職口も大卒の人の方が広いです、求人票に書いてある条件が大卒の場合、高卒の人は応募できません。

卒業まで継続して努力できない人に見られてしまう

会社の面接などで大学を中退していると、卒業まで継続して努力できない人見られてしまいます

会社側から見ると、卒業まで努力できないのであれば採用してもすぐにやめてしまうのではないかと、思われてしまいます。

採用にも多額のコストがかかるので、回収する前に辞めてしまってはマイナスになってしまいます。

なのでどうして中退したのかを、面接官が納得してもらえるように説明する必要があります

面接で中退の理由を聞かれる

大学を中退してしまうと、会社の面接で中退の理由を聞かれる確率は高くなります

ただ、この中退理由が病気や家族の看病、経済的な理由などで面接官が納得できる理由であれば問題ありません

しかし、納得することができない理由であれば面接官に、不信感を与えてしまうことになります

そうなってしまっては採用は難しくなりますので、面接官が納得できる理由を答えられるようにしておきましょう。

大学を中退するメリット

ポイント

学費が支払う必要がない

大学に使っていた時間を使える

大学生活でストレスがある場合はストレスから解放される

会社での実務経験を早く積める

大学を中退するメリットもありますが、デメリットの方が大きいです。

学費が支払う必要がない

大学を中退すれば、大学に支払っていた学費を支払う必要がありません

現在、1年あたりの国立大学の授業料は約50万円、私立大学の平均授業料は約90万円と、大学に通うためには少なくない費用がかかります

引用:キズキビジネスカレッジ

大学によって授業料は変わりますが、国立でも年間約50万円かかります。

しかし、中退してしまえばそのお金を支払う必要がないので、好きなことに使うことができます

そのお金を使って自己投資をしたりして、大学ではできなかったことをするのであればいいと思います。

大学に使っていた時間を使える

大学を中退すれば、大学に使っていた時間を他のことに使うことができます

例えば、起業のための準備や就職活動など使い方がさまざまです。

これからのことを考えていますか?何も考えていないと、将来大変なことになるかもしれませんよ!

これからのことを考えてみる

大学生活でストレスがある場合はストレスから解放される

大学でいじめなどが合った場合は、そのいじめのストレスから解放されます。

いじめが原因での中退はおすすめできないと、先ほど説明しましたが精神的に辛いと感じているのであれば、休学や中退などを考えた方がいいかもしれません

参考になる記事を紹介しますので、ぜひ読んで見てください。

大学中退やばい!!どうなる!?中退しない方法と中退した後の進路

大学を辞めたい!中退する時期は?大学を中退したい時の対処法を解説

会社での実務経験を早く積める

大学を卒業まで待たずに、就職すればその分実務経験を積むことができます

経済的に厳しい人や、もう就職して早く稼ぎたいという方には最適の方法かもしれません。

しかし先ほど紹介しましたが、大学を中退してしまうと最終学歴は高卒になり、大卒に比べて就職やお給料など不利になることがあるので、よく考えてから決めるようにしましょう

 

やりたいことがない場合

友人A
やばい!なにをしたらいいのかわからない、どうしたらいいの?
そうだね、いろいろ経験してみるといいよ!
ふく

大学生でまだやりたいことが決まっていない場合は、バイトやインターンシップ、サークル活動などいろいろ経験してみることをおすすめします

しかし、誰でもできるのであれば苦労はしませんね!そこでなぜ挑戦しないのかを説明します。

ポイント

できない理由を考えてしまう

失敗すると周りからバカにされるかもと思っている

そもそも成功して当たり前と思っている

一番多いのは、する前から「できない理由を考えてしまう」だと思います。

できない理由を考えてしまう

する前からできない理由を考えてしまい、その結果、何もせずに終わってしまうのは誰でも経験したことはあると思います

しかし、そのままでは何も解決しませんので、行動する必要があります

何も考えずに、お試し気分でまずはやってみましょう。

失敗すると周りからバカにされるかもと思っている

失敗すれば周りからバカにされるかもと、周りを気にするのは時間の無駄です

そもそも相談する時間があるのであれば、もうャレンジした方がいいですねその時間がもったいないです

そもそも成功して当たり前と思っている

なんでもチャレンジして成功する人はほとんどいません逆を言えばほとんどの人が失敗しているということです。

その失敗を気にするのはナンセンスです、失敗することで自分には合っていないということが早い段階でわかるので、結果を気にするよりもチャレンジしましょう

チャレンジを続けていれば、いずれ自分に合ったものがわかるようになります。

悩んでいる時間が非常にもったいない、新しいことにチャレンジしましょう!行動しなければ何も変わりません。

新しいことにチャレンジしてみる

 

まとめ

ポイント

大学に行きたくないときは教授やよりそいホットラインに相談する

自分で解決する場合

大学を中退した場合

やりたいことがない場合

いかがだったでしょうか、ここではいじめが原因大学に行きたくない場合の解決方法と大学を中退した場合はどうなるのか、やりたいことの見つけ方を紹介しました。

大学でも残念ながら、心ない人がいじめをしてくる可能性があります。

そんなときは、教授やよりそいホットラインに相談して問題を解決をするのですが、それでもダメであれば訴訟でしたね。

例え訴訟になっても、証拠があれば大丈夫です!訴える気持ちで行きましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね、最後まで読んでいただきありがとうございました。

-大学生 行きたくない

Copyright© Fラン大学生ふくの自由な人生物語 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.