ブログ始め方 人気記事

【比較】ワードプレスで複数のサイトを作れるサーバーおすすめ5選

自己紹介

名前:ふく  
専門:外注化(今まで150人以上を1人で雇った経験あり)、Youtuber&ブロガー 
肩書き:現役大学生 大学が暇でバイトを始めるも仕事が出来なくて絶望。奨学金も返済しないといけないし、家族が出来たら養えないといけない!将来に不安を感じ在学中に「個人で稼げるスキル」を身につけるべくネットビジネスの世界に突入。「一生会社で働く生活から脱出できるかもしれない」とめり込むがブログのキツさに一度挫折。外注化に出会いブログ再開し、自分が働かなくてもお金が入ってくる仕組みを構築中。得意分野は外注化。1人で常時70人ほど雇い、最低でも1か月50記事以上の記事を自分の時間を使わずに記事追加しており、今後の金銭面や生活が不安な大学生に外注化を進めてる。

将来が不安で本気で人生を変えたい!という方は「人生が不安しかない読んでほしい。20代の暇人が自由になる為の物語」をどうぞ!

個人で稼ぎたい人へ

たった2時間で6万以上稼げる方法を教えます。詐欺でも何でもない真っ当な方法です。汗水垂らして働かなくても、知識だけでお金は稼げます。知っているか知らないかの違いだけです。ネットで稼ぐ感覚を身につけて、個人で稼ぎたい人は「【たった2時間で6万円】知識でお金を稼ぐ方法を教えます【初心者でも稼げる】」をどうぞ。

---------------------------------------

 

友人A

  • 複数サイトを作れるサーバーを選ぶ基準って何?
  • サーバーの特徴を教えてほしい
  • スペックとかよくわからない!結局どれを選んだらいいの?

こういった疑問に答えます。

本 記 事 の 内 容

  • ワードプレスで複数のサイトを作れるサーバーを選ぶ6つの基準
  • 【リスク回避】あれば便利な4つの機能
  • 【比較】ワードプレスで複数のサイトを作れるサーバーおすすめ5選
  • レンタルサーバーのよくある質問

適切なサーバーを選べば費用は安く抑えられ、管理がしやすくなります。

逆にサーバー選びに失敗した場合、このような状況になります。

  • もう1台サーバーを借りなくてはいけないので費用がかさむ
  • 通信速度が遅くて読者にストレスを与えてしまう
  • 初心者がサーバーを自力移行した場合、最悪データが消える

失敗しないためにも今回は私がブログを運営している経験から複数サイトを作れるサーバーを5つ厳選しました!

ワードプレス複数のサイトを作れるサーバー比較したい!おすすめを教えて!という人は参考にしてくださいね。

【比較】ワードプレスで複数のサイトを作れるサーバーおすすめ5選

ワードプレスで複数のサイトを作れるサーバーを5つ紹介します。

おすすめサーバー

  • エックスサーバー:一番歴史があり安心できるサーバーを使いたい人におすすめ
  • ConoHa WING:最速のサーバーを試してみたい人におすすめ
  • mixhost:高機能のサーバーを手ごろに使いたい人におすすめ
  • ロリポップ:安くサイト運営を始めてみたい人におすすめ
  • カラフルボックス:初心者で安く始めたいけどそこそこのスペックも欲しい人におすすめ

簡単な早見表を用意しました。

 

エックスサーバー

ConoHa WING

mixhost

ロリポップ

カラフルボックス

PHP あり あり あり あり あり
複数サイト運営 50サイト 無制限 無制限 無制限 無制限
転送量 18TB/月 18TB/月 24TB/月 18TB/月 18TB/月
初期費用 3000円 無料 無料 無料 無料
月額料金 12か月:1000円/月 12か月:~1200円/月 12か月:990円/月 12か月:750円/月 12か月:1060円/月
WPインストール あり あり あり あり あり
バックアップ 無料 無料 無料 無料(復元有料) 無料
セキュリティ 無料独自SSL 無料独自SSL 無料独自SSL 無料独自SSL 無料独自SSL
サポート メール 電話 メール 電話 メール メール電話チャット メール電話チャット

1つ1つ解説していきます。

利用者が多くて安心できる【エックスサーバー】

例:X10プラン
PHP あり
MySQL 50個
マルチドメイン 無制限
転送量 18TB/月
表示速度 ストレージ:SSD
WEBサーバー:nginx
料金 初期費用:3000円
12か月:1000円(36か月:900円)
ワードプレス簡単インストール機能 あり
自動バックアップ 無料
セキュリティ 無料独自SSL
サポート メール 電話

エックスサーバーはコスパが良い超人気サーバーで利用者がとても多いので、分からないことがあってもすぐにネットで調べられます。

運営サイト数は190万件をとっぱしており、個人から起業まで幅広いサイト運営が可能です。

有名なサーバーなので困ったことがあれば、すぐに解決できるので気持ちよく使えます。

おすすめポイント

  • 解決策が見つかりやすく、ストレスにならない。
  • 老舗の会社なので安心して利用できる

悪いところ

  • スペックが特別良いというわけではない
  • 初期費用がかかる(キャンペーンで0円のときがある)
  • プラン変更が月単位でしかできない

こんな人にピッタリ!

  • 初めてレンタルサーバーを契約する人
  • みんなが使っていて一番安心感のあるサーバーを使いたい人

無料でエックスサーバーを見る

一番速いレンタルサーバー【ConoHa WING】

例:ベーシック
PHP あり
MySQL 無制限
マルチドメイン 無制限
転送量 18TB/月
表示速度 ストレージ:SSD
WEBサーバー:Apache + nginx
料金 初期費用:無料
~1200円(1年契約のWingパック855円~)
ワードプレス簡単インストール機能 あり
自動バックアップ 無料
セキュリティ 無料独自SSL
サポート メール 電話

ConoHa Wingは表示速度がめちゃくちゃ早いです。

表示速度を上げてユーザーに気持ちよく使ってもらいたい、SEO対策として試してみたいという方におすすめです。

管理画面もシンプルでわかりやすいので初心者にも使いやすいです。

プランが多くて分かりにくいですが最初は「ベーシックプラン」をおすすめします。

ふく
1時間2円ならそんなに使わない人だと嬉しいね
それに1200円以上かからないっていうのも良いよね
友人A

月額料金になりますが「WINGパック」にするとさらにお得です。

1年契約で月額855円です。契約期間が長くなるとさらに安くなります。

さらにこのWINGパックは無料でドメインがついてくるのでプラン選びに迷ったら「WINGパック ベーシック」がおすすめです。

サイトのスピードを上げたい人、評判がよく勢いのあるサーバーを使いたい人はぜひ検討してみたください!

おすすめポイント

  • 国内のサーバーの中で最も速い
  • 価格が安くてコスパ最強
  • 画面がシンプルで見やすい

悪いところ

  • プランがたくさんありすぎて分かりにくい
  • 比較的新しいサーバーのため歴史が浅い

こんな人にピッタリ!

  • サイトのスピードを上げたい人
  • 今勢いのあるサーバーを安く使いたい人

無料でConoHa WINGを見る

スペック高すぎ【mixhost】

例:プレミアム
PHP あり
MySQL 無制限
マルチドメイン 無制限
転送量 24TB/月
表示速度 ストレージ:SSD
WEBサーバー:LiteSpeed
料金 初期費用:無料
12か月:990円/月(36か月:890円)
ワードプレス簡単インストール機能 あり
自動バックアップ 無料
セキュリティ 無料独自SSL
サポート メール

mixhostの特徴はスペックの高さです。

新しい会社なので最新の設備、最新の機能が詰まっています。

しかもハイスペックなのに価格が安いです!

管理画面の表示が見にくいので初心者の人は苦労するかもです。

最新のサーバーをコスパ良く使いたい人はおすすめです。

おすすめポイント

  • とにかくハイスペック
  • バックアップ、復元が無料
  • 複数サイトを運営していても安定している
  • WEBサーバーがLiteSpeedなのでサイト表示が速い

悪いところ

  • 管理画面が見にくい
  • 機能が多すぎて初心者には厳しいかも

こんな人にピッタリ!

最新のサーバーをコスパ良く使いたい人

無料でmixhostを見る

低価格で始めたいなら【ロリポップ】

例:ハイスピード
PHP あり
MySQL 無制限
マルチドメイン 無制限
転送量 18TB/月
表示速度 ストレージ:SSD
WEBサーバー:LiteSpeed
料金 初期費用:無料
12か月:750円(36か月:500円)
ワードプレス簡単インストール機能 あり
自動バックアップ 無料(復元は10,000円)
セキュリティ 無料独自SSL
サポート メール チャット 電話

ロリポップの特徴は「価格の安さ」です。

安いのに必要な機能はそろっているのが嬉しいですね。

安いもので月額100円のものからあります。

あまり安すぎると表示速度が遅かったりストレスがあるので注意が必要です。

複数サイトを作るなら「ハイスピードプラン」以上のものが良いですね。

おすすめポイント

  • とにかく低価格。欲しい機能はそろっているもののコストを抑えられるのは最大のメリット!
  • ハイスピードプラン以上はスペックが高く表示速度も速い

悪いところ

  • スタンダードプラン以下は表示速度が遅く、複数サイト運営には向いていない
  • ハイスピードプラン以上だと複数サイト運営が可能だがそれぐらいの価格帯だと他のサーバーへの選択肢が増えるため大きなメリットはない

こんな人にピッタリ!

スペックよりも価格重視の人

安くてコスパが良い【カラフルボックス】

例:BOX2
PHP あり
MySQL 無制限
マルチドメイン 無制限
転送量 18TB/月
表示速度 ストレージ:SSD
WEBサーバー:LiteSpeed
料金 初期費用:無料(1か月契約の場合2000円)
12か月:1060円(36か月:880円)
ワードプレス簡単インストール機能 あり
自動バックアップ 無料
セキュリティ 無料独自SSL
サポート 電話 メール チャット

カラフルボックスはこれからサイトを始めてみたいと考えている人におすすめす。

上の表はBOX2というプランのスペックですが初心者には最安プランのBOX1がコスパが良いです。

BOX1は12か月契約で月額580円(36か月契約で480円)と手軽に始められます。

プラン変更も簡単に出来るので初心者のうちはBOX1で始めてアクセスが増えたり、複数のサイトを運営するときにBOX2へプラン変更するのもアリです!

初心者でそこそこのコスパで安く始めたい方におすすめです。

おすすめポイント

  • データ保存先が東京か大阪どちらかで選べる
  • すべてのプランでLiteSpeedが採用されているので速い

悪いところ

突出した特徴がないがBOX2の下に「BOX1」というプランがあり、格安プランの中では機能が良くコスパが良い。

BOX1は複数サイトのサーバーには向かないため初心者のうちはBOX1から始めてアクセスが増えたらプランを増強するのもアリかも!

こんな人にピッタリ!

初心者でそこそこのコスパで安く始めたい人

無料でカラフルボックスを見る

 

ワードプレスで複数のサイトを作れるサーバーを選ぶ6つの基準

サーバーを選ぶ基準はこの6つです。

サーバーを選ぶ6つの基準

  • PHP:使えるかどうか
  • MySQL:どれぐらい使えるか
  • マルチドメイン:どれぐらい使えるか
  • 転送量:大量のアクセスが来ても安定しているか
  • 表示速度:ストレージやWEBサーバーのスペック
  • 料金:低価格で使えるか

上記を順に解説していきます。

ワードプレスを使うにはPHP対応サーバーを使おう

サーバーがPHP対応かどうか確認しておきましょう。

なぜならワードプレスはPHPというプログラミング言語が使われているからです。

安いレンタルサーバーではたまに対応していない場合があるので注意が必要です。

1つのサイトにつき1つのMySQL(データーベース)が必要

作りたいサイトの分だけMySQLが必要になります

MySQLとはデータの保管場所のことで、1つのワードプレスに対して1つのMySQLが必要になります。

例えば5つのサイトをつくるのであれば5つのMySQLが必要になります。

サーバーやプランによっては50個だったり無制限だったりします。

基本的にMySQLの数が大きくなる分だけ価格が高くなる傾向にあります。

MySQLは必ずチェックしましょう!

複数サイトでドメインを変えたければマルチドメインが必要

サイトによってドメインを変えたいのであれば何個までドメインを使えるのか確認しましょう。

なぜならサーバーによってはドメイン数に制限があるからです。

  • ブログA: http://baseball.com
  • ブログB: http://soccer.com
  • ブログC :http://basketball.com

このように違うドメインでもマルチドメインであれば1つのサーバーで管理ができます。

  • ブログA:http://baseball.com/
  • ブログB:http://baseball.com/test/
  • ブログC:http://baseball.com/blog/

このような形であればマルチドメインである必要はありません。

複数のドメインでサイトを作りたい場合はマルチドメイン対応であるか確認しましょう。

サーバーが安定しているかどうかは「転送量」をチェック

アクセスが集中してもいいように転送量に余裕のあるサーバーを選びましょう。

転送量とは:サイトにアクセスがあった際にサーバーとユーザーとの間でやり取りされるデータ(文字や画像)の通信料のこと

転送量=アクセス数(PV)×1ページ当たりのデータ量(MB・GB)

もし転送量が足りなくなるとこのような事態になってしまいます。

転送量が足りなかったら

  • サイトが重くなる
  • サイトが落ちてユーザーが見られなくなる
  • ユーザーにストレスを与えてしまい離脱につながる

もしあなたがユーザーだったら重かったりすぐ落ちるサイトって見たくないですよね。

一般的に1ページ当たりおよそ1~3MBです。

例えば3MBのページに10,000回のアクセスがあった場合

3MB×10,000PV=30,000MB(30GB)

ふく
一日に10,000回アクセスがあれば転送量は一日30GB以上必要なんだね
ってことは1か月だと900GBか
友人A
ふく
サイトのアクセス数に比例するっていうのがポイントだね!

新しくサイトを作ったのならたくさんの人に見てもらいたいですよね。

そのためにも転送量に余裕のあるサーバーを選びましょう。

表示速度は「ストレージ」「WEBサーバー」のスペックを見よう

サイトを表示するのが速いかどうかも気にするべきポイントです。

なぜなら表示速度はSEOの評価基準に含まれるからです。

表示速度が速いスペック

  • ストレージ:SSD
  • WEBサーバー:LiteSpeed

ストレージにはHDDとSSDとがありますがSSDの方が早いです。

最近はほとんどSSDなので気にする必要はないですね。

WEBサーバーはLiteSpeedが高速です。

WEBサーバーには3種類あります。

WEBサーバーの種類

  • Apache
  • Nginx
  • LiteSpeed

以下の順で早いです。

Apache < Nginx ≦ LiteSpeed

一般的にストレージがSSD、WEBサーバーがLiteSpeedであると表示が速いです。

料金:コスパで選ぼう!

レンタルサーバーは初期費用と月額料金がかかります。

どんなサイトをいくつ運営するのかで予算を考えてみてください。

例えばブログをいくつか運営したいだけならMySQL5個ほどあれば十分です。

それなら1000円以下のサーバーもあります。

大規模サイトの運営を考えているのであれば無制限で利用できるサーバーもあります。

まずは自分のサイトに必要なスペックを抑えたうえで、より安いサーバーを検討してみてください。

 

【リスク回避】あれば便利な4つの機能

あれば便利な機能を4つ紹介します。

あれば便利な機能4選

  • ワードプレス簡単インストール機能
  • バックアップ機能
  • セキュリティ
  • サポート体制

上記を順に解説していきます。

ワードプレス簡単インストール機能

まだワードプレスを始めていない人はワードプレスの簡単インストール機能があるサーバーを選ぶと便利です。

いちいちサーバーとワードプレスを設定するのは面倒ですからね。

特に複数サイトを作りたい人は毎回手動でインストールしなくていいので便利です。

自動バックアップ機能

自動バックアップ機能があるとさらに良いです。

これがあればトラブルでデータが消えた時に復元できるからです。

誰でもすることですが「いじっていたら画面が真っ白になっちゃった!」という時でも安心です!

ふく
私もやったことあるよ!あの時はめちゃくちゃ焦った!!(笑)

そういうときの救世主が「自動バックアップ機能」です。

過去の状態に復元してくれるサービスです。

特に設定することがなく無料でしてくれるサーバーがあるのでチェックしてみてくださいね。

セキュリティ

初心者の人は簡単にセキュリティ対策ができるサーバーを選びましょう。

なぜならワードプレスは誰でも開発できるオープンソースのため脆弱性が問題視されているからです。

サーバーによって様々なセキュリティ対策がありますがまずはSSL化が無料かどうかチェックしてみてください。

SSL化とは通信データを暗号化することで悪意のある第三者からの盗聴を防止できます。

SSL化できていないとこうなります

  • サイトが正しく表示されない
  • Googleの検索順位が下がる
  • ページの表示速度が遅くなる

Googleは2019年10月3日に「Chromeでは混合コンテンツをブロックする」と発表し、2020年2月までにSSL化されていないサイトの画像や動画は正しく表示されないようになりました。

Googleはセキュリティを最優先事項に置いているため検索順位に関わってきます。

SSL化すると通信が効率化されるので通信速度が速くなります。

ブログなどで収益化を考えている人にとっては重要なポイントですよね。

今ではSSL化は必須事項となっています。

サーバーの中には簡単に1クリックでSSL化できるものもあります。

SSL化が出来るものを選ぶと便利です。

サポート体制

もし何かあったときサポート体制があったら安心です。

例えばビジネスでサイトを運営している場合、不具合が起きたらすぐに解決しないと大変なことになりますよね。

初心者の方もサポート体制があった方が安心できると思います。

サポート一例

  • 24時間365日監視体制
  • 電話受付
  • メール受付
  • チャット受付
  • 24時間トラブルサポート

サイトの目的に合ったサポートがあるサーバーを選びましょう。

 

レンタルサーバーのよくある質問

よくある質問を3つまとめました。

よくある質問

  • ディスク容量って気にするべき?
  • サーバーとドメインって同じ会社で契約すべき?
  • サイトに使うドメインはサーバー会社の初期ドメインでもいいの?

1つ1つ答えていきます。

Q1 ディスク容量って気にするべき?

A1 ブログ程度だったら気にしなくていいです。

そこまで容量を使わないからです。

ディスク容量の目安

  • 100サイト以内:50GB
  • 200サイト以内:100GB
  • 300サイト以内:150GB

写真や動画をたくさん載せる方は多少使いますがここで紹介しているサーバーなら心配する必要はありません。

Q2 サーバーとドメインって同じ会社で契約すべき?

A2 どこで契約してもOKです。

同じサーバー会社で契約した方が何かと便利です。

契約したサーバー会社でドメインを取得するメリット

  • 手間がかからない
  • 支払先がひとつで済む

特に初心者の方はサーバーと同じ会社でドメインも契約した方が楽です。

Q3 サイトに使うドメインはサーバー会社の初期ドメイン(xbiz.jpなど)でもいいの?

A3 やめたほうがいいです。

初期ドメインがNGな理由

  • 初期ドメインだと信頼が下がるから
  • アドセンスの審査に通らなくなるから
  • レンタルサーバーを解約するとドメインも使えなくなるから

例えばアドレスがGmailの会社と取引することになったらこの会社大丈夫かな?って思いますよね。

それと一緒で初期ドメインだとあまりイメージが良くないです。

そのためアドセンスの審査が通らないです。

レンタルサーバーを変えようってなった時にドメインを引き継げなくなるのでおすすめしません。

以上の理由から独自ドメインを使いましょう。

サーバーによってはキャンペーンで無料ドメインがもらえることもあるのでそれは利用できます。

 

まとめ

おすすめサーバー

上の3つが複数サイトを作れるサーバーの中で安心できるサーバーです。

この中にプラン次第で、

が入ってくる状態になってます。

それでは最後に記事の内容をまとめておきます。

サーバーを選ぶ6つの基準

  • PHP:使えるかどうか
  • MySQL:どれぐらい使えるか
  • マルチドメイン:どれぐらい使えるか
  • 転送量:大量のアクセスが来ても安定しているか
  • 表示速度:ストレージやWEBサーバーのスペック
  • 料金:低価格で使えるか

あれば便利な4つの機能

  • ワードプレス簡単インストール機能
  • バックアップ機能
  • セキュリティ
  • サポート体制

複数サイトを作れるサーバーおすすめ5選

  • エックスサーバー:一番歴史があり安心できるサーバーを使いたい人におすすめ
  • ConohaWing:最速のサーバーを試してみたい人におすすめ
  • ミックスホスト:高機能のサーバーを手ごろに使いたい人におすすめ
  • ロリポップ:安くサイト運営を始めてみたい人におすすめ
  • カラフルボックス:初心者で安く始めたいけどそこそこのスペックも欲しい人におすすめ

今回紹介したサーバーであればどれでも複数サイトを作れます。

あとはプランの選択と自分の好み次第ですね!

近年ではサーバー会社の競争が激しいのでこれからどんどんスペックが上がっていくと思われます。

サーバー選びはサイト運営にとって重要です。

満足できるサーバーを選んでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

こんにちは、ふくです。

ところで、お前誰や?って声が聞こえてきましたので、
ちらっと自己紹介いたします。

四国生まれの四国育ちのFラン大学生。
知識0の状態からネットビジネスを始め、

半年で150人以上雇い、
何もしなくても収益や資産が、
増え続ける仕組みを構築しました。

何の才能もない
めんどくさがり屋のダメ人間ですが、
なんとか自分が働かなくてもいい
仕組みを手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

どうやって大学生が人を雇い、
仕組みを作ったのか、下記の記事で公開しています。

ふくの自由な人生物語を読んでみる。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

ひっそり過激なメルマガ始めました。

Fラン大学生が人を雇って仕組みを作った方法はこちら

―――――――――――――――――――――――――――――――――

-ブログ始め方, 人気記事

Copyright© Fラン大学生ふくの自由な人生物語 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.