大学生 行きたくない

【大学に行きたくない高校生へ】進学する・しないメリットを紹介!

友人A
大学に行く理由ってなに

大学に行かなかったらどうなるの

こういう疑問にお答えします。

本記事の内容

大学に行くことのメリット

大学に行かないことのメリット

高校までは、まわりがほとんど進学しているから「自分もいくか」や、中学生の時に「この高校に行きたい」と思って、高校へ進学していると思います。

でも「その後の進路はまだ決めていない」や「親が大学に行けとうるさいけど、なんで大学にいかなきゃないの?」と疑問に思っている人、結構多いと思います。

この記事では、特に大学行きたくないと考えている高校生へ向けて、「大学に行った方がいい理由」「いかない方がいい理由」両方書いてみました。ぜひ最後までお付き合いください。

 

大学に行くことのメリット

Check Studentsが首都圏にいる大学生に「大学に入学した理由は?」というアンケートを行いました。

引用:ReseMom.

1位「就職のため」50% 

2位「学歴の取得」47.4%

他「やりたいことを見つけるため」33.6%

という結果でした。つまり、高校から大学へ進学した人の半数は、自分の将来の就職のために進学したということになります。

大学生だからこそできる経験

友人A
大学生って響きはいいよね
高校の時と違って、時間の自由もきくしね
ふく
友人A
サークル活動や合宿、バイトに20才になったら飲み会もできるしね
楽しみがいっぱいだね
ふく

高校生の時とは違い、大学生は時間が自由です。もちろん、授業に出ないと単位を落とし留年や退学になってしまいますが、それに注意さえすれば、日々のスケジュールは自分で決められます

その1 サークル活動

高校のときは「部活動」というのがありましたが、大学は「部活動」の他に「サークル活動」というのがあります。

大学の部活動は、高校の時とさほど変わらないようです。大会やコンクールに向けて活動します。なので、週のほとんどが練習になるようです。

ですが、高校の時と違い大学の部活動は「公認団体」扱いが多く、練習や遠征などの費用面で優遇を受けたり、高校とは違う設備が整えられていたりという魅力もあります。

一方サークルは、「自由」が特徴です。なので、同じスポーツ例えばサッカーでも「サッカー部」もあれば「サッカーサークル」もあります。部活動ほどガッツリやりたくはないけど、趣味程度に楽しくやれればというひとは、サークルがおすすめです。

また、サークルはいろんなのがあります。そこへ行けば、人とのつながり=人脈が広がります。高校のときには出会えなかった人と出会うことができます。

引用:Twitter

友人A
いろんな活動をしているのがサークルのいいところだね

その2 休みが長い

高校の時と違って、長期休暇があります。その期間は約2ヶ月とも言われています。なのでその期間をつかって、海外旅行に行ったり、友達と遊んだり、バイトに明け暮れたりと色々できちゃいます。卒業後就職したら、こんな休みありません!

引用:Twitter

友人A
大学最後の夏休みを満喫って感じだね

また、大学3年生になったら「インターンシップ」に参加して、特定の企業や業界で実際に働いてみるということもできます。実際就職して思い描いていたのと違うというのがなくなるので、参加している人も多いようです。

 

 

引用:Twitter

インターンシップに行っておくと、選考コースに優先的に乗っかれたりします。それがダメでも面接練習や企業研究になったり、同業界の志望動機や自己PRネタになります。また志望度の強さも演出できるので、可能であればインターンに行くと良いでしょう。

ブラック企業かどうかも、会社にいる人に聞けばわかるしね
ふく

その3 就職選択の幅が広がる 

日本人のほとんどが知っている◯◯自動車や◯◯空輸など、大企業は大学卒が就職試験の条件になっています。つまり、職業選択の幅が広がるということです。

また、実際に就職してもらう給料も、高校卒と大学卒では違ってきます。

平成28年のデータになりますが、初任給は高校卒業が161,3千円に対し、大学卒は203,4千円。その差約4万円です。また夏と冬にあるであろう賞与(ボーナス)も違ってきます。

結果平均年収が高校卒で約265万円。それに対し大学卒が約370万円。その差はなんと年間105万円!それが10年20年になると、、、 とんでもない差になってきます。

参考:厚生労働省

実際に就職したとしても、高校卒のほとんどはいわゆる現場、生産する方で働くことが多いそうです。一方大学卒は、それを管理する人つまり、将来的に管理職になり、出世していくことになります。これでは、ますます給与に差が出ちゃいます。

なので副業を始める人も多いようです。オススメはこちら↓

その給与の差を埋めるためにブログを始める

 

大学に行かないことのメリット

友人A
大学に行かないことのメリットってなんだろう

ここでは、大学に行かないことのメリットをお話します。

その1 社会人経験を長く積める

例えば18才で高校を卒業したあと、大学にそのまま進学し22才で卒業した場合。30才になった時は社会人8年目です。

しかし、高校卒業後すぐに就職した場合は社会人12年目です。自分がやりたい仕事が既に決まっている人にとって、大学で4年間勉強や遊びに費やすよりは、その仕事で経験を長く積むほうが絶対にいいです。

友人A
社会にでてから、授業の内容が役に立ったってあんまり聞かないね
社会に出たら実力勝負っていうしね
ふく

その2 無駄な学費を払う必要がない

大学に行くとなると、いくら必要か知っていますか?

一番安い国立大学に行ったとしても、4年間で約242万円私立の理系になると約486万円になります。

この他にもし実家から離れて一人暮らしにしたら、毎月の家賃やら電気代やらでどんどん支出は膨らみます。

参考:Sure Money Journal

毎月の生活費をブログで稼ぐ

大学に行って、授業にでて単位をとったり、レポートを提出したりしながら、アルバイトをしてこのお金を稼ぐのは大変です。

奨学金の制度はありますが、結局それは借りたもの。いずれ返さないといけないものです。

自分でやりたいことがある、就きたい仕事がある、はたまた起業してみたいから経験を積みたい!というひとは、大学進学にかかる費用をそれにあてたほうがいいです。

その3 起業できる

今の時代、SNSやインターネットを使い、起業しちゃう人もいっぱいいます。これも立派な経験です。

引用:Twitter

友人A
クラウドファンディングをつかって、資金を集めて事業をおこすなんて、ちょっと前なら考えられなかったね
僕は、断然ブログがオススメ!
ふく

パソコン1台で稼ぐ

会社に行くと当たり前ですが、上司がいます。先輩や同僚がいます。口うるさい上司や、面倒くさい人間関係に悩んでしまう人も多いようです。

社会人悩み

引用:PR TIMES

友人A
1位は残業が多いだけど、2位と3位は人間関係の悩みだね
だから家で簡単に始められるブログは絶対におススメ!
ふく

たった10分でブログを始める

ということで、在宅でネットビジネスをはじめた人増えているようです。

こちらの「1日1時間でらくらく起業術」という本もおススメです。

 

まとめ

まとめ

大学に行くと、時間にゆとりが生まれいろんな事をすることができる。それがいい経験となって、自分の将来の選択に役立つ。

「自分が将来どういうことをしたい」とか、「こうなりたい」というものがないのであれば、まずは大学に行ってみるのがおススメです。

大学に行かないと、当たり前ですが早くから社会に出ないといけない。

自分でやりたいことがハッキリしている場合は、それに向かっていくべき。大卒よりも時間という経験がつめる。

もしやりたいことがハッキリしていなくて、大学にもいかなかった場合、ただ時間だけが過ぎて後悔することもあるので、よく考えてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-大学生 行きたくない

Copyright© Fラン大学生ふくの自由な人生物語 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.